彼に見られてしまった「だらしない私」

彼は年下の男性で、私とは再婚を考えている間柄です。一般的に考えて、私の体験を「恥」と考える人は少ないかもしれません。ですが、相手の人となりによって「恥ずかしい」体験は幾つか思いつきます。まず、今でも当時(40歳くらいまで)の私はあまり衣服にお金をかけるような性分ではありませんでした。一方彼は作業服にも小さなシミ一つないスタイルで生きています。役職的に「こぎれいであること」は彼の流儀であり、私生活でもそれは変りません。一方、当時の私は、自宅で着る物などは幾つものシミを当然のようにくっつけて「洗って素材的に綺麗ならいい」くらいの感覚でしかありませんでした。勿論、人と合う時にはそれ相応の衣服を着用して出かけます。
ところがある日、仕事で疲れを感じていた彼が、思いがけず早朝に私の部屋に寄ったことがあったのです。彼は仕事で上の役職にあり、大手の会社の下で時間調整がとれにくく、とにかく日々時間に追われているので、会う約束はほぼ「突然」です。普段なかなか会えないだけに、彼の訪問はとても嬉しいのですが、会う一時間前に連絡がきたりなどが多いのが難点です。この時にも予想していなかったので、例によって私の着ていた服はシミだらけ、よく料理もするので、仕方ないのですが、後で「ごめんね」と謝られた時には、大変恥ずかしいという思いをしました。その場は強気で何も思っていない素振りをしましたが、
「あのとき、ほんとは会いたくなかったよね」と言われてしまったのです。彼なりに察知したに違いありません。彼の元奥さんは一日中掃除している様な人だったので、きっと部屋の空間も、衣服なども完璧だったに違いありません。彼から再度こんな風に思われたくなくて、その時にあった古い衣服はほぼ処理しました。彼に近づきたい、という思いは半端なく行動に表われます。これは「古い」衣服云々というのではなく、「きちんとした」自分をいつも大事にするようになりました。後々、これはライフスタイルに働きかけることとなっています。
それは自分に相応しい環境を自分で創り、高めていく、という意識革命だと思います。彼から教えてもらった幾つかは、自分自身への認識度を高める、ということに他なりません。具体的には、「私はしみったれた服を身につけていていいような女性ではない」ということです。
実際、彼は自分の持ち物でもう数年使い古したタオルを愛用しています。周囲の人が捨てて、と懇願しても「まだ使えるから」と言っているそうです。ここに彼の良さがあり、つまり何でも綺麗なもの、新品であることがよいのではなく、自分の管理下にあるものを「大事」に使う、丁寧に扱うという思考が大切です。これは多くの人がわかっていることではありますが、実際には気に入らなくなったらすぐに新たな物が欲しくなる、という「欲望」とうまく折り合いをつけていかねばなりません。今は、彼と同じいつも「こぎれい」であることを心がける生活を、私自身も手に入れています。

同じクラスで隣だった男子に指摘されて大恥

私が13歳で中学生だったときに、席替えが合ってしばらくしてのことでした。クラスに不良ぶった男子生徒がいて、運悪くその隣になったのですよね。それまでもちょっとちょっかいをかけられることはありました。私と彼の関係はただのクラスメイトです。それ以上に深い関係はなく、友達でもましてや恋人でもありません。ただの隣の席になったクラスメイト同士です。いつもうるさいクラスメイトと隣になったことには少し嫌でしたが、それでも大きな被害はなかったので、特に問題視はすることなく、その席で過ごしていたのです。
あれは朝の会をしていたときだったでしょうか。突然、隣の男性にじろじろと至近距離で見られてたじろぎました。「え、何?」と私は内心焦りましたね。そんなに男子に至近距離にこられたことがなかったので、ちょっとドキッとしたのです。「もしかして、私に気があるのか」とちょっと思ったかもしれません。すごく自意識過剰でした。しかしその後私は地獄に落とされたのでした。
朝の会でクラスメイトがたくさんいるところで、私は突然隣の生徒に大きな声で言われたのです。「○○鼻毛出てるんやけど~!」と。そしてその生徒はわざわざ自分が持っていた鏡(なぜか持ってた)を私に渡してきて、鼻毛をチェックさせてきました。朝の会のところでですよ。朝の会で前で人が話しているときだったので、全員が全員こっちに注目したわけではありません。しかし当然私の周りの人はざわっとしたし、こっちをちらちら見ているのは分かりました。
私はあまりにびっくりして、彼に言われるまま鏡で自分の鼻をチェックしました。そしたら確かに鼻毛が出ているのです。私はそれまで鼻毛を処理したことなんてなかったです。今まで鼻毛が出てるだなんて言われたことがなかったし、もし思われたとしても多分周りは黙ってくれていました。でも隣のクラスメイトにこれを指摘されて、私はとにかく焦って「うるさい!」と言いつつ真っ赤になって、その日一日ずっとうつむいて過ごしました。指摘された鼻毛が気になってたまらなかったからです。その日は一日地獄に感じましたね。
指摘してきた彼の方がきゃっきゃ笑ってこっちを馬鹿にしてきましたが、「こいつマジ嫌い!」と敵認定しました。なんてデリカシーがない奴なんだと思いました。私はその恥から学んだ教訓は「女性としてムダ毛の処理には気をつけよう」ということです。それからしばらく鼻毛のチェックは欠かさない日課になりました。私と同じように恥をかかないためにも、朝起きてまず鼻毛が出てないか小まめにチェックしてください。そして隣の席のデリカシーが欠如した男たちには気をつけましょう。

食事の作法で恥をかいてしまいました・・・

わたしが大学生のころです。
学生とはいえ、見た目は大人びた感じで、自分でも大人の女性を装っていました。
そんなわたしが遠くの親戚と集まる機会があり、十年ぶりに従兄弟にも会いました。彼は35歳ぐらいで、記憶の中よりもずっとかっこいい渋い大人の男性になっていて、わたしは従兄弟ながらもドキドキしてしまいました。
彼のほうもわたしに好感をもってくれたのか、よく話しかけてくれて、会話も弾み、親戚でこんな素敵な人がいるなんてとなんだかラッキーな気分に。
もちろんちょっといい女系を意識してしまいました。
さて昼食の時間になり、みんなで日本料理屋さんへ。
恥をかいたのはそのシーンでした。
汁物がでて、わたしはお椀の蓋がなかなかあかず、苦労してしまいました。ひっぱってもひっぱっても空きません。焦りましたが仕方なく、キャラじゃないけど
「お椀あかなーい。」
とちょっとぶりっこ。
あれです、
「ペットボトルのギャップあかなーい。」
的なノリで乗り切ろうという魂胆です。
しかし、
「お椀を少し押すようにすると、ほらあくじゃん。」
と従兄弟。
「あー、知らなかった~。」
とまだかわいこちゃん風のわたし。ふぅ、なんとかこの場をしのげたと思った矢先、彼にこう言われてしまったのです。
「え、知らなかったの?ステキな感じなのにそういうのガッカリしちゃうな。」

がーん、がーん、がーん、です。
化けの皮が剥がれました。そしてくだらないぶりっこをした自分が恥ずかしすぎます。
顔が赤くなっているのがわかりました。

食事のお作法って知らないとものすごく恥ずかしく感じたりしますよね。
逆にちょっとはっちゃけていても、そこがしっかり綺麗に出来ているとポイント高かったり。
それからマナー本などで見直したり勉強しましたよ。ついでに箸の持ち方もおかしかったので、大変でしたけど矯正しました。まだ完全にはなおっていませんが、意識すれば正しく使えるくらいにはなりました。
それから中身の伴わない背伸びはバレますね。もしかしたらとっくにバレていたかもしれませんが。

以後、遠方のため従兄弟とはしばらく会うことはなく、再び会ったのは五年ほどたってから法事の時でした。その時はわたしももう少し大人になって、落ち着いて会話し、食事の席でも恥をかくことはありませんでした。
従兄弟のほうはきっとそんなエピソードは、忘れてしまっているかもしれませんね。

なんにせよ、テーブルマナーは身に付けておいて損はないです。

そんな人とは知らずにお見合いをして、あまりのひどさがトラウマになった経験

親戚の年配女性が相手のお父様と知り合いで、何気なく私の話をしたところ息子の嫁にぜひと気に入られたそうで、写真を見て「これにしとけ」と父、「誰の相手だ」と息子がいうほどだったそうです。
しかしこちらにはそういう話のみで、相手の男性の写真はと聞くと、「よう言わない(たぶん、写真を要求できる雰囲気じゃない)」と父親の写真を持ってきたそうです。
でも、相手の履歴や家族構成についてはとても立派だったのと、お母様とも偶然知り合いと分かり、これはと思ったそうです。
それでお見合いすることになったのです。

こういうお見合いの席は、喫茶店の個室とか料亭の一室とかで相手の親とこちらの親、仲介の方も一緒に合うのが筋なのですが、相手の男性はそれを断り、ホテルのロビーで2人だけで会うことになりました。
私は母の同伴でロビーに入ってきたその人を見て母が声をかけて去り、お辞儀程度の挨拶をしてロビーの喫茶室でお茶でもと言われました。
家族がかなり立派で本人の履歴も立派だと言われた相手の男性は、一目見た瞬間に、どう言って断ろうかと思ったほどでした。
一応ネクタイはしていましたが普段着のようなジャケット姿で、お見合いどころか初めて人に会う服装ではなく、風貌もみすぼらしかったです。
私は仲介人が意地悪で紹介したのか、または父親だけが私を気に入ったのだけど本人はどうしても断りたいから、身代わりに友人を寄越したのかと思ったほどでした。
この人の職場の人は、きっと私のことを、こんな人とお見合いするなんてどんな人だろうと笑っているだろうなと思ったくらい、会っただけで恥をかかされた気持ちになったといっても過言ではなかったです。
この人は親子そろって内科医だったので、そこまでして医者と結婚したいのかと言われるかもと恥ずかしくてたまらなかったです。

相手の男性は、ロビーにある喫茶室の椅子に座ると、ひとりで下を向いて首を振りながらにやにや笑いだしました。
私はそれを見て、この人は自分さえうんと言えば明日からでも私が身の回りの世話をしてくれるとでも思っていると感じました。
男性はひとりでにやついた後、父親がわしの言った通りだろうと得意になるのが見えたらしくて、いやいやまだわからんと表情を引き締め、肘をついてじろじろと遠慮なく私を見続けました。
私は真っ青になり、下を向いていました。
その場で席を立って帰りたいのはやまやまでしたが、これは私の反応如何では下手をすると話が違うとストーカーになる恐れがあると思ったのです。
それでこちらは何の興味もないということが相手に嫌でも伝わるように、じーっと黙って相手に質問もせず、相手の質問に答えるのも最小限にしました。
相手はだんだんわかってきたのかもしれないけど、大きな本屋へ行くのが好きだという話で、嫌味っぽく「買うのは本だけですか」と聞いたりしてますます嫌な印象を強めました。
その後、外へ出て美術館でも行こうかと言われたのですが、外を歩くのにも誰かに見られたらと思うと恥ずかしくて数m離れて歩いたのに、いつお風呂に入ったのだろうと思うほど異臭が漂ってきました。
薄い頭髪がべったり張り付いた人でしたが整髪料ではなく髪も洗っていないことはわかったし、みすぼらしく薄汚れたジャケットもクリーニングしてなかったのではと思います。
ここまで行くと恐怖体験で、ほとんどトラウマのようになっています。
しかし我慢の甲斐があって、帰宅後すぐに断ってストーカーにならずに済みました。

そもそもお見合いなのに、相手に写真を渡さないというところからずれていたのだと思います。
写真を見せると断られると思ったというよりは、相手の父親も本人も自分のことしか考えずに、自分が気に入りさえすれば結婚できるとでも思ったのでしょう。
あの態度を見れば、結婚後は本を買うなどもってのほか無駄使いなどさせないし、親戚付き合いも自分の親戚だけなどと言いかねないと思いました。
あの服装や態度、異臭付きのお見合いだけで一般常識が通じない、自分本位な人と思われても仕方ないです。
意地悪で紹介したのではない、本人を知らなかっただけだろうということでしたが、仲介した人とも絶縁状態になりました。

信頼すべき筋からの紹介で書類上はかなりの優良物件だったとはいえ、お見合いは本人を良く調べて対処すべきだということでしょう。
そして相手に失礼だったかもしれないけど、その場だけでも友好的な態度をとれば自分勝手に誤解されることは間違いないので、その気がない意図がはっきり伝わるようにしなければと思います。

彼氏とのデートでムダ毛処理を忘れていた経験・・・

私が学生の時の話です。大好きな彼氏とデートする事になり、私は何を着て行こうかなとウキウキしていました。普段はパンツスタイルばかりなのですが、せっかくのデートなのでスカートを履いていこうと思いました。スカートを持っていなかったので、張り切ってアパレルショップに買いに行き、とても可愛い膝丈スカートを手に入れました。合わせる可愛いカーディガンも買って完璧です。デートの前日は夜遅くまでアルバイトだったのですが、帰ってから肌の手入れをしたり鏡の前で全身コーディネートを合わせてみたり、バッチリ準備してデートに臨みました。
翌日彼は車で迎えに来てくれました。いつもとファッションが違うので、可愛いねと褒めてくれてとても嬉しかったし張り切った甲斐がありました。その日は天気が良かったので海辺までドライブに行きました。寒くもなくちょうど良い気候で、私達は車を降りてしばらく歩き、ベンチに腰掛けました。
そこで隣同志に並んで座ったところで気づきました。なんと私は足のムダ毛処理を忘れていたのです。普段パンツしか履かないものですがら、処理してなくても見られる事は無くて安心していたのです。昨日あれだけデート前だからと張り切って準備をしていたくせに、大事なところを忘れていたのでした。
並んで座っているので当然彼の目にも私の脚は入ります。遠目ではわからなかったようですが、近くで見てわかってしまったようでした。なんとなく、彼の目が私の脚を見ているのに気づいてしまいました。脚を引っ込めたりしてなんとか見られないようにしようとしましたが、逆に不自然になってしまいなんとなく気まずい雰囲気が流れました。
「もう行こうか」と行ってまた歩き出し、なるべく脚を見られないように気を遣いましたが、その結果少し距離を取って歩いてしまう事になるし、結局一日中気になりっぱなしでその後のデートは全然楽しめませんでした。すっかり気分が落ちてしまって、その日のディナーもオシャレなレストランに行ったにもかかわらず、あまり盛り上がらずせっかくのデートが台無しになってしまいました。
その日から、私は他の美容やオシャレよりもムダ毛処理を優先する事にし、脱毛クリニックにも通い始めました。その彼とはその後も長く続きましたが、ムダ毛は百年の恋も冷めるとも言いますので本当にやばかったです。女性はファッションやスキンケアやヘアスタイルなど気を遣うところは沢山ありますが、ムダ毛処理は一番忘れてはならないと思います。

狭い場所でおならをしてしまった時のこと

私が26歳の頃です。私は中小企業で事務の仕事をしていました。
少し特殊な業界での事務で、部署は私と5個上の男性の先輩2名でした。
お互いがいい距離感で仕事をしていて、先輩ができないことを私がして、私ができないことを先輩がするという形でとても仲良く仕事をしていました。
怒られるときも2人一緒で、その日も営業部の方から「どうしてこういう数字になっているんだ」と説明を求められていました。
正直私は、その部分を対応していなかったので、どうしてそうなったかを考えたところで何もわかりませんでした。
先輩のせいとは思いませんでしたが、先輩にしか答えられないと思い、少し人ごとのように聞いていたのかもしれません。
営業部の人はだんだん怒りが大きくなり、先輩も言うに言えないような状況になってきたようでした。
そんな時、私はとてもお腹が痛くなり、どうしようかと思いながら耐えていました。
ここでお腹が痛いというのはなんだか少し恥ずかしく、そして、怒っている人に言える雰囲気ではなく、だんだん痛くなってくるお腹を必死に耐えていました。
だんだん冷や汗が出てくるほどになり、もう限界かもしれない思い「お腹が痛い」と言おうとしたその時、先輩が泣き始めたのです。
先輩は「誤解なんです」と振り絞るような声で営業部の人に話し始め、私は驚きながらも必死に耐えながら先輩の話しを聞いていました。
先輩の話しをきいているうちに少しずつお腹の痛みが和らいできて、なんとかなるかもと思い始めました。
それでも、必死にお腹に力を入れ気を紛らわそうとしていましたが、ふと気が緩んでしまった瞬間に、「スゥ」とおならが出てしまったのです。
全く音は出なかったので少し安心したのも束の間、ものすごい匂いが充満したのです。
すごく我慢した後のおならだったので、全てが凝縮した様な、すごく濃い匂いでした。
やばい!と思い、少し鼻をすすったりして、人ごとの様に「臭いな〜」アピールを控えめにしました。
顔が真っ赤になっているんじゃないかというくらい恥ずかしかったです。
営業部の人への報告が終わる頃には、私は恥ずかしさでお腹が痛いのもすっかりなくなっていましたが、先輩に「おならしたでしょ」と笑いながら言われてしまいました。
私は「してないですよ!でもすごい変な匂いしましたよね」と人ごとを装って何とか乗り越えました。
先輩は、「うそだ〜」と何度か言ってきましたが、私だという証拠は絶対にないので、絶対に口はわりませんでした。
それ以来、篭った場所でおならをするのはとても危険だと思い、そういう場面のときはおしりに特に力をいれるようにしています。
そして、できるだけ、外で1人でいる時におならを出す様に心がけています。
もし、おならを疑われたとしても、絶対に認めてはいけません。おならは証拠が残りません。
もししてしまったら、オススメは、少しだけ鼻をすすって、「アレ?」という目をすることです。あまり大袈裟にジェスチャーをしてしまうとうそっぽくなるので、要注意だと思います。

告白された相手に、”自分の交際相手はいない”と嘘をついたとき・・・

告白されたときは、相手に「受験のことがあるからは誰かと付き合うことは考えていない。今は付き合えない。」と伝えたのに、相手が自分に彼氏がいるという噂を聴き、おそらく確証を持って聴いてきたのに、実際に彼氏がいるのに「今付き合っている相手はいない」と嘘をついてしまったことです。告白を断ったときの理由と整合性がとれていないから、話の辻褄が合っておらず、不信感を感じるし、相手には後々になって「なぜあのとき正直に話さなかったんだろう」と後悔しています。1度だけでなく、2度告白されたので、彼も本気だったと思うので、自分がしたことは真摯な対応とは到底思えないなと思いました。なんてことをしてしまったんだろうと自分を責める気持ちがありました。

自分の言うことはまるで信用してない様子で、「そう、わかった」と返されてその場を去られました。「あ、自分が話したことが嘘だってきっと気づいてるんだな」と表情と言葉で瞬間的に分かりました。とても悲しそうな、軽蔑されたような感じが忘れられません。

相手を二重の意味で傷つけないためにも一貫性のない理由で嘘をつくのはこの先、やめようと思いました。

最初は「軽い嘘だし、ごまかせる、大丈夫だよな」と思っても、あとで取り返しがつかなくなってしまうことはこの出来事以外にも他の場面であると思います。告白された相手はとても誠実な人だったので、きちんと謝れなかったことを今でも後悔しています。その後、進学先の高校も同じところだったので、表面的には以前となんら変わらない様子でも、廊下ですれ違ったり、同じクラスになったりして気まずい思いをすることも、たびたびありました。ほんの些細なことかも知れませんが、下手な理由でごまかすのではなくて、正直に相手に理由を話して伝える勇気が自分には必要だと考えさせられました。自分の失敗談を生かして、交際に発展しなかった異性との関係性を自分のせいで悪くせず、表面的にでもいいからうまく築けるようなヒントに繋がってくれればいいなと思っています。